FC2ブログ

大塚国際美術館

写真5写真4写真3写真2写真1
6月に以前から行きたかった徳島県鳴門にある大塚国際美術館に行ってまいりました。
この美術館は大塚グループが75周年を記念事業として設立した日本最大級の美術館です。
フェイクではありますが世界中の名画が一同に集まった美術館です。
売りは何と言ってもすべての展示してある名画が本物と同じサイズで展示してある事でしょう。
レンブラント・ゴツホ・ピカソ・フェルメール・ムンク・クリムト等、ありとあらゆる名画がありますが物は何でできているかと言いますと
陶板に色をやきつけてあるそうです。
そしてそれらは色褪せないそうです。
逆に本物は年々色があせていくそうです。
印象的だったのは当時哲学者・数学者だったレオナルド・ダビンチの描いた「モナリザ」ですが以外と小さかった事と「最後の晩餐」の絵が何十年か前に途中で塗り替えられている事が判明し、塗り替えられる前と後の2枚が向い合せにあった事です。
当時は宗教画が多く、至る所にキリストの絵が描かれています。
当時は写真などない時代に代わる写実主義の絵はまるで写真を見ているようで圧巻でした。
上手に描かれた絵を見ていると当時の人々の喜怒哀楽が何となく伝わってきます。
結局1日ですべて見ることができずに終わってしまいました。
もし行かれるのであれば2日かけてゆっくり見ることをお勧めします。
またヘッドホンガイドや時間やテーマによって解説してくれるツアーに付いて行くのもいいでしょう。
ガイドさんは色んな裏話をしてくれるので楽しいです。
また行きたい「大塚国際美術館」でした。
スポンサーサイト



プロフィール

チカピイ

Author:チカピイ
FC2ブログへようこそ!
おおさかの箱屋のチカピイです。
気ままなひとときにどうぞ見てください。

近安健一(ニックネーム ちかぴい)と申します。
大阪のフタバ紙器㈱という段ボール・印刷紙器・クリアケースの
製造販売をしている会社で働いています。
会社のホームページは www.futabashiki.co.jp
趣味がテニス ピアノ演奏 音楽鑑賞なのて゜
そういう話題をブログに書く事が多いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード